桃太郎カップ出場決定!

この土日(11月11,12日)三重県鈴鹿市にて、第10回(2017年度)全日本ユース(U15)水球競技選手権大会 -桃太郎カップ- 東海ブロック予選会が行われ、見事大垣市水球クラブ が準優勝となり、12月24日からの本大会(岡山県倉敷市)に出場することになりました。

この大会は、高校1年生以下の選手が出場できる大会で、東海4県のうち上位2県が全国大会に出場し、将来の国体を占う上での大きな大会です。
過去には、本クラブに所属していた選手が本大会で活躍し、現在日本代表として活躍しています。(オリンピックに出場した足立聖弥もも、この大会に出場しています。筑波大学の小椋裕介、女子の秀明栄光高校、野々村悠名は世代別日本代表で活躍中です。)

岐阜県は、大垣市水球クラブが出場しました。昨年は中学生のみで編成し出場しましたが、今年度は、大垣東高校4名、不破高校1名の高校1年生も加えての予選参加になりました。
惜しくも三重県には1点差で敗れましたが、静岡、愛知には勝利し、本大会出場を決めました。
本大会の目標は全国ベスト4と大きいですが、可能性を秘めたチームですので楽しみにしています。

監督:細野雄樹(42歳) 「接戦の中で成長できた部分と課題があった。本大会でさらに成長して、大舞台で活躍できる選手になってほしい」

今後の活躍を期待します。

水球

ファイル名
最終結果(54KB)

ページのトップへ arrow_03